メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

一橋大准教授発言 市長「差別にあたる」 大学側へ対応検討 国立 /東京

 一橋大(国立市)の米国人男性准教授が授業時などに朝鮮人へのヘイトスピーチ(差別扇動)を繰り返しているとして、在日コリアンの同大学院生が、民族差別などを禁止した国立市条例に基づく対応を要請していた問題で、同市の永見理夫市長は26日、大学院生側にこの件が「差別にあたる」との考えを示した。大学院生が求めた審議会への諮問は、手続きが定まっていないとしたが、市は被害実態の聴取を含む大学院生側との話し合いを続け、大学側への対応を検討するとした。

 同大学院博士課程の梁英聖さん(37)が申請していた。要請書では、この准教授は5月の授業開始時など、学生を前に「コリアンはばかどもだ。頭がおかしい」と英語で話し、ツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の自分のアカウントでも、梁さんを中傷したとしていた。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです