メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柏崎刈羽原発

廃炉計画 「現時点で最大限の結果」 東電・小早川社長一問一答 /新潟

 東電の小早川智明社長が桜井雅浩市長との面会後、報道陣の取材に応じた。主な一問一答は次の通り。

 --桜井市長は東電が提出した計画について平均点にも達していないとの評価だった。

 ◆電気事業者として供給責任を果たすということと、地元の理解を得るという大きく二つの観点から、現時点で最大限の検討結果としてまとめた。市長からも一定の評価をいただけたと感じている。

 --「廃炉も想定したステップ」とは、5年以内に廃炉するということか、廃炉を検討するということか。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  4. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

  5. 逃走の男は20代で飲食店の客か 新潟・女性刺殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです