メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張市

一般会計補正予算案 外国人支援充実図る 児童生徒サポート、共生施設開設 /三重

会見する亀井利克市長=三重県名張市役所で、衛藤達生撮影

 名張市は、外国人の住民増加に対応するため、市議会9月定例会に提案する一般会計補正予算案に、学校における外国人児童生徒サポート事業(144万円)と「多文化共生センター」(仮称)を設置する多文化地域共生社会推進事業(560万円)を盛り込んだ。亀井利克市長は26日の定例記者会見で「(4月の改正入管法施行を受けた対応策を)頭出ししたが十分ではない。一生懸命やっていきたい」と述べた。

 市によると、市内に居住する外国人は2015年460人、16年546人、17年602人、18年702…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです