メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親子展

陶芸家・神山清子さん「亡き息子はライバル」 釉薬の有無、対照的な作風 草津 /滋賀

会場に作られた窯の模型の前で笑顔を見せる神山清子さん=滋賀県草津市野路6の草津クレアホールで、礒野健一撮影

 女性陶芸家の草分け的存在で、半生が今秋スタートのNHK連続テレビ小説「スカーレット」の参考にされた神山清子(こうやまきよこ)さん(83)=甲賀市信楽町=が、白血病で亡くなった長男賢一さんの作品との親子展を、草津市野路6の「草津クレアホール」で開いている。神山さんは「陶器は何千年も残るもの。未来人が『すごい』とうなる作品を、まだまだ作っていきたい」と創作意欲を語る。9月5日まで。【礒野健一】

 神山さんは1960年代から本格的に作陶を始め、高温で長時間焼くことで土の中の石と窯の灰とが溶け合っ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 台風上陸から2カ月たっても避難指示が解除されない町 宮城・大河原町と栃木市

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  5. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです