メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/82 シリア・ヤズディ難民 豪州へ先行き見えぬ6年間 /大阪

ヤズディ教徒、ニダルさんはオーストラリアで難民として受け入れられた。シリアでは内戦以降、人口の半数を超える国民が故郷を追われた=避難先のイラクで2018年、本人提供

 ニダル・カンジョさん(24)は、2013年にイラクに逃れたシリア難民だ。当時、大規模な反政府デモが起き、アサド政権派と反体制諸派の戦闘が始まっていた。両親は、彼と弟が政府の兵役に招集されることを恐れ、イラクのクルド自治区に逃がした。2人はそこで難民キャンプに身を寄せた。彼は少数宗教ヤズディ教徒。

 5年前、過激派組織「イスラム国」(IS)は、ヤズディ教を「悪魔崇拝」と決めつけ、イラク・シンジャルで住民1500人以上を虐殺、女性を「性奴隷」として連行した。シンジャルは、シリア東部にあるニダルさんの故郷、ゼディエ村からそれほど離れていない。のちに、ゼディエ村にもISの部隊が迫った。両親は必死にお金を工面。家を守るためにゼディエ村に残ると決めた兄と、イラクに逃れたニダルさんと弟を除き、全員難民としてドイツへ渡る。クルド勢力はISに反撃し、村を守った。

 昨秋、私はシリア・ハサカのゼディエ村を訪れた。草原に点在する土壁の家々。かつて150世帯いた村の住…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1190文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです