メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

イラストや漫画で地域貢献を目指す 内田恵介さん 県の魅力親しみやすく /和歌山

漫画で地域おこしに貢献する内田恵介さん=和歌山市で、山本芳博撮影

内田恵介さん(63)

 古座川町が地域の魅力をアピールしようと2013年に制作した民話絵本「瀧之拝太郎(たきのはいたろう)」で、主人公の姿などの作画を担当した。昨年末には、発刊後に足りないと感じた箇所をいくつか補い、私家版を少数作って無料で配るなど、地域起こしに協力している。

 民話の「瀧之拝太郎」は10年に県の名勝・天然記念物に指定された「滝ノ拝」(古座川町小川)が舞台。女神のお告げを受けた侍の瀧之拝太郎が、滝の周辺で1000個の穴を刀で掘り、「あと1個」というところで刀を滝つぼに落としてしまうというストーリーだ。

 子どものころから、石ノ森章太郎のギャグ漫画が好きで、見よう見まねで漫画を描いてきた。その特技を生か…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです