メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひきこもり

「把握困難」 総社で全国支援サミット /岡山

ひきこもり問題について話し合う岡山県総社市の片岡聡一市長(中央)ら5市長=同市窪木の県立大学で、益川量平撮影

 ひきこもり支援に積極的に取り組む自治体などが集まる「全国ひきこもり支援基礎自治体サミット」が26日、岡山県立大学(総社市)で行われた。市民ら約700人が参加し、片岡聡一・総社市長や宮本太郎・中央大法学部教授らの話に聴き入った。

 支援の意義や、必要性を共有してもらおうと総社市などが主催した。サミットでは同市や群馬県安中市、愛知県豊明市など5市長がそれぞれの支援体制を説明し、「誰…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです