メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄付

ゆだ苑に220万円 連合山口が折り鶴添えて 山口 /山口

岩本理事長(右)に、組合員らが作った折り鶴を手渡す伊藤事務局長

 県原爆被爆者支援センターゆだ苑(山口市元町、岩本晋理事長)の運営に役立ててもらおうと連合山口は26日、約220万円を寄付した。

 寄付金は、連合山口が「平和行動月間」と定める6~8月に組合員に呼び掛けたり、7月に周防大島町で開かれた広島原爆で傷つき、修復された「被爆ピアノ」の演奏会などで集めたりした…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです