メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

アマゾン火災支援、21億円拠出で合意 生物多様性など討議

 南米アマゾンの熱帯雨林で過去最悪ペースで続く大規模火災について、マクロン仏大統領は26日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、G7が消火活動を緊急支援するため2000万ドル(約21億円)を拠出することで合意したと明らかにした。G7サミットは26日、豪州やインドなど招待国も参加して、地球温暖化問題などを議論した。

 熱帯雨林は主要な温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を吸収するため、地球全体の温暖化対策で存在が重要…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです