メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

アマゾン火災支援、21億円拠出で合意 生物多様性など討議

 南米アマゾンの熱帯雨林で過去最悪ペースで続く大規模火災について、マクロン仏大統領は26日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、G7が消火活動を緊急支援するため2000万ドル(約21億円)を拠出することで合意したと明らかにした。G7サミットは26日、豪州やインドなど招待国も参加して、地球温暖化問題などを議論した。

 熱帯雨林は主要な温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を吸収するため、地球全体の温暖化対策で存在が重要…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文695文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです