メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

教科書で文学の「効能」=玉木研二

 <ka-ron>

 2022年度から実施される高校の学習指導要領では、国語教科が日常的な理解や表現を的確にする「実用」を重視して改編される。あおりで近代文学作品が軽んじられると懸念する声は強く、日本文芸家協会は声明を出した。

 大学入試センター試験に代わり21年に始まる新テスト(大学入学共通テスト)は一部に記述式問題を導入するが、これとも連動する。一昨年示されたモデル問題は、実際的な生徒会規約や学校新聞などをめぐる設問で、読解力や情報伝達力などを見た。学校や予備校がこうした例を念頭に「傾向と対策」を練るのは必然だろう。

 かくて文学作品は「おまけ」的存在になるのか。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです