メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

G7形骸化に拍車 仏の友好演出、空振り

G7の機能不全で世界に広がる不安定の懸念

 26日閉幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)は1ページの宣言文書を急きょ作成し、薄氷の協調を演出した。しかし、貿易や気候変動問題などを巡る米国と欧州各国などとの隔たりは鮮明で、共通の価値観の下に世界の経済・外交秩序をリードしてきたG7は岐路を迎えている。複雑化する各国の利害を乗り越えてG7としての存在意義を示すことができるのか、首脳たちの意志が問われる。

 26日午前に開かれた気候変動に関する討議。日欧の首脳たちが円卓を囲む中、トランプ米大統領の席だけが…

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです