メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「おわら風の盆」ってどんな祭り? 豊作願う富山の伝統 編みがさで顔隠す踊り=回答・森野俊

胡弓の音色に合わせ優美な踊りを披露する編みがさ姿の踊り手たち=富山市八尾町で2016年9月、三村政司撮影

 なるほドリ 富山市八尾(やつお)地区の伝統行事「おわら風の盆」がもうすぐ始まるね。

 記者 毎年9月1~3日、浴衣や法被に編みがさ姿の男女が三味線や胡弓(こきゅう)の音色が響く民謡「越中おわら節」に合わせ踊ります。町家が並ぶ緩い坂道をぼんぼりの薄明かりに照らされながら無言でゆっくり進みます。哀愁漂う雰囲気を味わおうと全国から20万人以上が訪れます。

 Q そうなんだね。いつごろ始まったの?

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです