自民党

竹下派、かすむ存在感 研修会、トップも代行も不在

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党竹下派(平成研究会)は25日、長野県軽井沢町のホテルで研修会を開いたが、病気療養中の竹下亘会長と日米貿易交渉を行った同派会長代行の茂木敏充経済再生担当相の「トップ2」がいずれも欠席する異例の状況で行われた。9月前半の内閣改造・党役員人事が近づく中、「名門派閥」の存在感を保てるかどうかが課題となる。

 研修会では最高顧問の額賀福志郎元財務相が「竹下会長の一日も早い復帰を念願し、それまでの間、互いに協力し、事に臨んでは一致団結して対応していきたい」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集