メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

竹下派、かすむ存在感 研修会、トップも代行も不在

 自民党竹下派(平成研究会)は25日、長野県軽井沢町のホテルで研修会を開いたが、病気療養中の竹下亘会長と日米貿易交渉を行った同派会長代行の茂木敏充経済再生担当相の「トップ2」がいずれも欠席する異例の状況で行われた。9月前半の内閣改造・党役員人事が近づく中、「名門派閥」の存在感を保てるかどうかが課題となる。

 研修会では最高顧問の額賀福志郎元財務相が「竹下会長の一日も早い復帰を念願し、それまでの間、互いに協…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです