インド

ロヒンギャ、不安の日々 大量難民2年 宗教対立激しく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 70万人超のミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が避難するきっかけとなった衝突から25日で2年が経過した。大半は隣国バングラデシュに逃れたが、インドにも2万人以上のロヒンギャ難民がいるとみられている。インドでは近年、ヒンズー教徒がイスラム教徒を襲撃する事件が発生。「ヒンズー至上主義のモディ政権がロヒンギャを強制送還する」との警戒感も広がっており、不安な日々を過ごしている。

 「ロヒンギャ危機」はミャンマー治安部隊とロヒンギャ武装集団との2017年8月25日の衝突が発端だが、衝突はそれ以前にも起きており、インドにも断続的に難民が流入していた。バングラと異なり公設の難民キャンプはなく、NGOが用意した私設キャンプやスラムなどで暮らす。

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集