メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド

ロヒンギャ、不安の日々 大量難民2年 宗教対立激しく

 70万人超のミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」が避難するきっかけとなった衝突から25日で2年が経過した。大半は隣国バングラデシュに逃れたが、インドにも2万人以上のロヒンギャ難民がいるとみられている。インドでは近年、ヒンズー教徒がイスラム教徒を襲撃する事件が発生。「ヒンズー至上主義のモディ政権がロヒンギャを強制送還する」との警戒感も広がっており、不安な日々を過ごしている。

 「ロヒンギャ危機」はミャンマー治安部隊とロヒンギャ武装集団との2017年8月25日の衝突が発端だが…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです