メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

ポイント還元「値引きで」 コンビニ、カード「お得感」狙い

キャッシュレス決済のポイント還元と割引の仕組み

 10月の消費税増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元制度を巡り、コンビニエンスストア大手4社やクレジットカード大手などが還元分を商品購入時や利用額請求時に差し引き、実質値引きする仕組みを採用する。ポイントが後日戻るよりも消費者が「お得感」を実感しやすいと判断。増税に伴う節約意識を和らげて消費の落ち込みを避ける狙いがある。【和田憲二、本橋敦子、宮崎稔樹】

 経済産業省は、ポイント還元について、原則として次回以降の買い物で使えるよう一定期間後に消費者に付与する方式を想定。ただ、店頭でポイントを発行してその場で使う形にして値引きしたり、利用額を口座から引き落とす際にポイント相当額を相殺したりする方式も「例外」として認める。同省は23日、対象となる中小店舗の約2割に当たる約43万店が参加を申請していると発表した。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです