メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

曙ブレーキ工業

社長辞任 業績悪化の責任、明確化

 経営再建中の自動車部品メーカーの曙ブレーキ工業は26日、信元久隆会長兼社長(70)ら代表権を持つ取締役3人が退任すると発表した。

 業績悪化に対する経営責任を明確にする。後任の社長には日本電産で常務執行役員を務めた宮地康弘氏(62)が就任する。交代日は未定だが、9月末になる見込み。

 ほかに退任するのは、荻野好正副社長と松本和夫副社長。代わりに、トヨタ自動車出身で曙ブレーキの執行役員を務める…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです