メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ロシアで続く民主派抗議活動=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 9月8日のモスクワ市議会選挙では公正な手続きは期待できない。このため7月14日の日曜日に街頭での抗議デモが開始され、その後毎週末に自由な立候補制度を主張するデモが続く。だが市議会の権能は極めて限られる。ロシアの将来を決める出来事になるはずもない政治日程になぜ、数万人の政治意思表示が集中し続けるのか。

 ロシア政治の来歴につながり、かつ未来像を象徴する仕掛けとなったと私は判断する。230年前の7月14日はバスチーユ襲撃が起き、フランス大革命が始まった。ロシアの民主活動家たちが合意できる目標の一つは、ロシアが「ヨーロッパ共通の家」の一員となる点だ。パリ祭を期す抗議活動の開始はこれを象徴する。8月25日まで7週連続でこの意思表示が続いた。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです