メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

命と自然、慈しむ大事さ 第13回・体験ぎっしり3泊4日

「大門」の前で記念写真に納まるこども高野山夏季大学の参加者ら

 第13回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)が7月25~28日に高野山(和歌山県高野町)で開かれ、全国から小学4~6年生60人が参加した。宿坊・常喜院で3泊4日の共同生活をしながら、講座や体験を楽しみ、命や自然の大切さを学び、交流を深めた。【伊地知克介】(写真はいずれも和歌山県高野町で、山田尚弘、菅知美撮影)

この記事は有料記事です。

残り2583文字(全文2752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです