メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆

あの子を捜した 被爆者が手記

ジョー・オダネルさんが撮影した「焼き場に立つ少年」

 原爆投下後の長崎が撮影地とみられる写真「焼き場に立つ少年」の被写体になった少年の消息を、長崎市の被爆者が追い、手記にまとめた。少年の特定にはいたらなかったが、手記にはいまだ身元が分からない少年に平和の願いを重ねている。

 手記をつづったのは長崎市の村岡正則さん(85)。写真は、米従軍カメラマンだったジョー・オダネルさん(2007年に85歳で死去)が長崎で撮影したとされ、亡くなった幼子を背負う少年が火葬を待つ姿を捉えたといわれる一枚だ。

 写真が1989年に公開された際、村岡さんは、ある顔を思い出した。自身が通っていた銭座(ぜんざ)国民…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです