メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

群れず、アジアの渡り鳥 22カ国・地域でプレー、指導者の道へ 伊藤壇さん(43)

伊藤壇さん=福田智沙撮影

 約20年かけて、日本を含むアジアの22カ国・地域のクラブでプレーした元サッカー選手がいる。伊藤壇さん(43)。平成が終わり、令和が始まったのに合わせるように今年5月、現役生活に終止符を打った。「アジアの渡り鳥」と呼ばれ、多くの地で初めてプレーする日本人となったパイオニアは、今は羽を休め、指導者として再びアジアに飛び立つことを思い描いている。【福田智沙】

 5月4日。選手人生の終着地と決めたグアムでシーズン最終戦に臨んだ。今年2月に加入した1部リーグ・N…

この記事は有料記事です。

残り3250文字(全文3478文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです