連載

薫田真広のラグビークリニック

ラグビー観戦をより楽しめるようにルールや用語などを解説します。

連載一覧

薫田真広のラグビークリニック

/8 ノックオン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
激しいタックルを受けた日本代表のヘル・ウベ(右)。ボールを前にこぼしてノックオン=藤井達也撮影
激しいタックルを受けた日本代表のヘル・ウベ(右)。ボールを前にこぼしてノックオン=藤井達也撮影

 <RUGBY CLINIC>

開幕まであと24日

 よく起こる反則に、ボールを前に落とすノックオンがあります。軽い反則のため、相手ボールのスクラムでプレーを再開します。

 ボールを落とした位置が体より後ろであれば、ノックオンにはなりません。相手がキックしたボールを腕を伸ばすなどして体で防ぐ「チャージ」により前に落ちた場合も、反則にはなりません。

 ただし、相手のパスに対してキャッチする意思がなく、はたき落とすなど故意にノックオンをした場合は、重い反則(ペナルティー)となります。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文453文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集