「歴史は書き換えられない」河野氏 元徴用工で韓国批判 協定順守要求

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
河野太郎外相=川田雅浩撮影
河野太郎外相=川田雅浩撮影

 河野太郎外相は27日の記者会見で、1965年の日韓請求権協定に関し、「韓国が歴史を書き換えたいと考えているならば、そんなことはできないと知る必要がある」と韓国側を批判した。外国人記者からの「韓国政府が『日本は歴史問題への理解が足りない』と指摘していることにどう答えるか」との質問に答えた。質疑は英語で行われた。

 韓国国内では、1910年の日韓併合を中心とした戦前・戦中の日韓関係を巡り、日本国内の「歴史修正主義」が強まっているとの見方がある。当時の日韓関係を清算するための65年の協定についても、「軍事政権下で結ばれた」との不満が強い。その協定を取り上げて「歴史は書き換えられない」とした河野氏の発言は、韓国側の反発を招く可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文927文字)

あわせて読みたい

ニュース特集