メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

済州島(韓国)の観光客ら=2018年6月29日、明珍美紀撮影

 韓国を訪れた日本人女性が、ソウルで韓国人男性に髪をつかまれ、引き回されるなどの暴行を受けている映像がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で拡散し、韓国当局が捜査に乗り出している。事件について、日本国内でのツイッターなどでは「こんな状況で韓国に行くのが悪い」などと被害女性を批判するコメントがあふれた。専門家は「バッシングは論外。今こそ両国民がお互いに行き来すべきだ」と指摘する。【江畑佳明/統合デジタル取材センター、堀山明子/ソウル支局長】

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです