メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省、リチウムイオン電池の被害実態調査へ 相次ぐ火災発生受け

環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 環境省は、ごみに混入したリチウムイオン電池が原因とみられる火災の相次ぐ発生を受け、家庭ごみを回収する市区町村の被害実態解明に乗り出す。来年度中に調査結果をまとめ、分別しやすいルール作りに向け、法改正などを検討する。来年度予算の概算要求に調査費として2000万円を盛り込む方針。

 小さくて性能の高いリチウムイオン電池は近年、スマートフォンや携帯型ゲーム機といった充電式の小型家電や、加熱式たばこなどに広く使われている。一方で電池が傷ついたり変形したりすると発火の恐れがある。

 また、リチウムイオン電池を使用した製品がプラスチックごみなどに紛れるケースも少なくなく、運搬・破砕…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです