京アニ放火 実名公表は「慎重に進めた」 府警1課長が会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、死亡した35人のうち未公表だった25人の身元を実名で公表した。

 「大変凄惨(せいさん)な事件。ご遺族の心情を考えれば、大切な人の死を受け入れることは容易ではない」。25人の身元公表が事件発生から1カ月以上たった27日になったことについて、京都府警の西山亮二捜査1課長はそう話し、「ご遺族と、実…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

あわせて読みたい

ニュース特集