「ハルヒ」「ユーフォニアム」でキャラクターデザイン、ファンの絶大な支持 池田晶子さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、死亡した35人のうち未公表だった25人の身元を実名で公表した。

寺脇(池田)晶子(しょうこ)さん(44)

 京都アニメーションを代表するアニメーターの一人だった。京アニの出世作となった「涼宮ハルヒの憂鬱」や、本社がある京都府宇治市を舞台とした「響け!ユーフォニアム」で、登場人物をデザインする「キャラクターデザイン」や総作画監督を務め、ファンの絶大な支持を受けた。アニメに詳しい京都文化博物館の森脇清隆映像・情報室長は「キャラクターデザインの女性のパイオニアだった」と評する。

 代々木アニメーション学院大阪校アニメーター科で学んで入社。専門学校時代を知る男性は「絵が上手で、まじめにこつこつと勉強するタイプだった」と話す。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1061文字)

あわせて読みたい

注目の特集