メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「現役の5割」年金綱渡り 急務の改革 財政検証が公表

財政検証の試算の前提

 公的年金の長期的な給付水準の見通しを示す財政検証が公表された。「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」とした金融庁ワーキンググループの報告書問題の余波で注目度が高まったが、突きつけられたのは、制度変更がないまま進むと給付水準は今後30~40年近く下がり続け、最終的に現役世代の手取り収入の半分を確保できるかどうかも今後の経済状況次第、という現実だ。少子高齢化が加速する中、改革が急務となっている。【横田愛、阿部亮介、大和田香織】

この記事は有料記事です。

残り3073文字(全文3291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです