京アニ放火 被害者の実名公表の意義とは

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
献花台の花束に添えられていた、亡くなった西屋太志さん、津田幸恵さん、武本康弘さんへの感謝が書かれたメッセージ=京都市伏見区で2019年8月3日午後3時13分、川平愛撮影
献花台の花束に添えられていた、亡くなった西屋太志さん、津田幸恵さん、武本康弘さんへの感謝が書かれたメッセージ=京都市伏見区で2019年8月3日午後3時13分、川平愛撮影

 京都アニメーションの放火殺人事件で、京都府警は犠牲者25人の氏名を新たに公表した。今回で亡くなった35人全員の身元が明らかになったが、府警は匿名を求める多くの遺族らに、実名公表の方針を説明。悼む時間をつくるなど、配慮しながら実名公表に踏み切った。被害者の氏名は公表されるケースがほとんどだが、インターネット上で2次被害に遭い、苦しみを深める遺族もいる。過去の事件や海外の事例などから、実名公表の意義を考えた。

この記事は有料記事です。

残り3002文字(全文3207文字)

あわせて読みたい

注目の特集