「石田敦志というアニメーターがいたことを、どうか忘れないでください」父が会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石田敦志さんが携わった「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の「京都アニメーション&アニメーションDo クリエイターズメッセージブック」(2018年4月発行)に寄せた言葉とイラスト
石田敦志さんが携わった「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の「京都アニメーション&アニメーションDo クリエイターズメッセージブック」(2018年4月発行)に寄せた言葉とイラスト

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、死亡した35人のうち未公表だった25人の身元を実名で公表した。

石田敦志さん(31)

 「敦志がいた京都アニメーションを応援してください。石田敦志というアニメーターがいたことを、どうか忘れないでください」。石田敦志さん(31)の父基志(もとし)さん(66)は27日夜、京都府警伏見署で記者会見し、用意した紙に目を落としながら、言葉を絞り出した。

 石田さんは福岡県出身。福岡工業大で情報工学を学びながら夜間に専門学校へ通い、アニメの勉強に励んだ。基志さんは当初、息子がアニメ業界を目指すのに反対したが、アニメと大学の勉強を両立する姿を見て「企業理念がしっかりしていて生活も保障される京アニに入れるなら」と条件を付けた。見事に合格し、入社時にはあいさつするため一緒に本社を訪れたという。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1101文字)

あわせて読みたい

注目の特集