メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「類いまれな才能」「教えることは何もなかった」 丸子達就さん

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、死亡した35人のうち未公表だった25人の身元を実名で公表した。

丸子達就さん(31)

 札幌市の出身で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や「Free!」の作画監督として活躍していた。同市の漫画・アニメの専門学校でアニメ制作を教えた50代の男性は「卒業作品は学校として過去最高の出来だった。類いまれな才能を持っていたのに、今でも信じられない」と怒りをにじませた。

 丸子さんが約10年前に専門学校に入学した時、おとなしい印象だったが「技術は講師を超えるほどのレベル…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです