メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西武・辻監督、ベテラン栗山の2点二塁打を称賛

○西武8―2日本ハム●(27日・釧路)

 「やっぱり栗山のツーベースよ」。試合後、西武の辻監督は試合の流れを引き寄せる一打をたたえた。

 1点リードの七回。先頭の源田が右前打で出塁し、現在パ・リーグ首位打者の森がプロ入り初の犠打を決め、続く中村が申告敬遠で1死一、二塁。打席に入った5番・栗山は、2ボールから逃げていく変化球を引っ張り、打球は右中間へ。パ・リーグ通算5万号本塁打になるかとも思われた当たりは、強い風に押し戻さ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです