特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

完封一番乗りは内野手登録の背番号「2」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人野球の全日本クラブ選手権1回戦で、YBC柏を相手に被安打4で完封したビッグ開発クの宮城海人=埼玉県所沢市のメットライフドームで2019年8月27日午前10時21分、真下信幸撮影
社会人野球の全日本クラブ選手権1回戦で、YBC柏を相手に被安打4で完封したビッグ開発クの宮城海人=埼玉県所沢市のメットライフドームで2019年8月27日午前10時21分、真下信幸撮影

ビッグ開発ク(沖縄)宮城海人投手(20)

 社会人野球の第44回全日本クラブ選手権(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の27日、埼玉・メットライフドームで1回戦を行い、3年ぶり2回目の優勝を目指すビッグ開発ク(沖縄)が2―0でYBC柏(千葉)を降した。

 抜群の制球力を生かし、今大会完封一番乗り。それを果たしたのが、内野手登録の背番号「2」というのだから驚きだ。

 序盤から130キロ台後半の直球とスライダーを低めに集め、凡打の山を築いた。七回は先頭打者に左前打を浴び、この試合初めて無死から走者を背負った。それでも、冷静さを失わず、4番・浦崎をスライダーで三ゴロ。2死後、6番・早津には低め直球で二ゴロに仕留めた。その後も丁寧にコーナーを突き、被安打4で四球はわずかに一つ。「狙い通りに打たせて取れた」と自賛した。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文561文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る