メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

伊庭靖子展 まなざしのあわい うつろう光、とらえ=評・永田晶子

 光に包まれた写実的な静物画で知られる画家、伊庭靖子(1967年生まれ)の個展が上野の東京都美術館で開催中だ。美術館での個展は10年ぶり、都内では初めて。光を巡るさまざまな探求と画業の深化を見ることができる。

 京都市生まれ、在住。美大で版画を学び、後に油彩画を始めた。個展は2004年以降の新作を含む52点を紹介。写真を基に描く手法、油彩画の「Untitled」(無題)の題名は一貫している。

 導入部は枕やクッションを描いた大画面の作品が並ぶ。表面のかすかな隆起に沿い光がごく淡い影を刻印している。布の材質の違いが分かり、中に吸い込まれた空気の存在も感じる。顔をうずめたくなるフワフワした質感が懐かしい記憶を呼び起こす。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです