メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後74年・表現者たちの夏

/4止 発掘される沖縄戦

旧西原村役場壕の入り口前で語る當眞嗣一さん=沖縄県西原町で

 「なんであんなものが……と思いましたよ。台風の避難みたいに、またすぐ戻るつもりだったんでしょうね」

 生まれ育った沖縄県西原町で、アジア・太平洋戦争中の旧西原村役場壕(ごう)を発掘調査した時、考古学研究者の當眞嗣一(とうましいち)さん(74)は奇異に思った。役場壕は米軍来襲が迫る1944年、戸籍や土地台帳など重要書類の退避先として掘られた。その壕から出土した「あんなもの」とは、近隣から運び込まれた日常使いの陶器の数々だ。生死に関わる緊張感とはいかにも無縁の雑器類から、住民の戦争に対する認識の薄さが浮き彫りになった。

 現実の西原村は翌45年にかけての沖縄戦で、住民の約47%もが亡くなった。沖縄守備隊、第32軍司令部がある首里防衛の要衝として、最激戦地の一つとなったのだ。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです