メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後74年・表現者たちの夏

/4止 発掘される沖縄戦

旧西原村役場壕の入り口前で語る當眞嗣一さん=沖縄県西原町で

 「なんであんなものが……と思いましたよ。台風の避難みたいに、またすぐ戻るつもりだったんでしょうね」

 生まれ育った沖縄県西原町で、アジア・太平洋戦争中の旧西原村役場壕(ごう)を発掘調査した時、考古学研究者の當眞嗣一(とうましいち)さん(74)は奇異に思った。役場壕は米軍来襲が迫る1944年、戸籍や土地台帳など重要書類の退避先として掘られた。その壕から出土した「あんなもの」とは、近隣から運び込まれた日常使いの陶器の数々だ。生死に関わる緊張感とはいかにも無縁の雑器類から、住民の戦争に対する認識の薄さが浮き彫りになった。

 現実の西原村は翌45年にかけての沖縄戦で、住民の約47%もが亡くなった。沖縄守備隊、第32軍司令部…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1459文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです