メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

8月 私のおすすめ 倉本さおり(書評家)

(1)ジェニファー・イーガン著、中谷友紀子訳『マンハッタン・ビーチ』(早川書房)

(2)ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)

(3)岸政彦『図書室』(新潮社)

挫折経て得る言葉

 大人になるということは、世界の複雑さに気づくことでもある。見えるものの数のぶんだけ恐れも不安も膨らんでいき、手足や感覚は縮こまってしまう。だが、そうした挫折や無力感を含み込んでこそ、言葉は真実をようやく象(かたど)る。

 (1)は、マフィアと銀行家が暗躍する第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、差別と偏見、貧富の差に…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです