メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

8月 私のおすすめ 大澤聡(批評家)

(1)彩瀬まる『森があふれる』(河出書房新社)

(2)レベッカ・ソルニット著、東辻賢治郎訳『迷うことについて』(左右社)

(3)李琴峰『五つ数えれば三日月が』(文芸春秋)

 とつぜん発芽し樹木と化した妻をモデルに中年作家は小説を仕上げ……と(1)を要約すれば奇想極まりないが、そこで問われるのは“書く(見る)男/書かれる(見られる)女”という非対称の権力関係である。この構図を自然と受け入れてきた自身の悪意なきバイアスに担当編集の女性が気づく場面は決定的。男性中心主…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです