メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

8月 「国語改革」の周りで 歴史映す日本語文学=田中和生

 伊藤氏貴「高校国語から『文学』が消える」(『文芸春秋』二〇一八年一一月号)や紅野謙介『国語教育の危機--大学入学共通テストと新学習指導要領』(ちくま新書)がきっかけとなり、高校では二〇二二年から実施される新学習指導要領が厳しい批判に晒(さら)されている。文芸誌でも『季刊文科』(夏季号)の「国語教育から文学が消える」や『文学界』の「『文学なき国語教育』が危うい!」といった特集が組まれている。

 わたしも問題がよくわかっていなかったが、これらの特集から理解できたのは、未来の日本のあり方に影響す…

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです