メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

林業の担い手確保へ 胆振総合振興局、青年部を設立 /北海道

製材会社などの若手60人が集まった胆振林業青年部=北海道苫小牧市で、胆振総合振興局提供

 林業の担い手確保につなげようと、胆振総合振興局は、管内の若手就業者でつくる「胆振林業青年部」を組織した。従事者の高年齢化が進む中で、若手同士の交流や研修などの機会を増やし、若い世代の就労や定着率を高めたい考えだ。

 同振興局によると、農業や漁業は各組合単位で青年部などの組織があるが、林業では珍しい。道内では中川町が町単位で青年グループを組織した例があるが、自治体をまたいだ組織は初めてという。

 参加したのは苫小牧広域森林組合(むかわ町)や胆振西部森林組合(伊達市)のほか、胆振地域の造林や製材関連の会社に勤務する10~40代の計60人。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです