メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県防災訓練

3500人参加 外国人らへの対応重点 三沢 /青森

視覚障害者役の外国人女性を介助する三沢市職員=青森県三沢市南山1の三沢市国際交流スポーツセンター前で

 県総合防災訓練が27日、三沢市の三沢市国際交流スポーツセンターなどで行われ、県や自衛隊、県警、消防を含む92の機関・団体から約3500人が参加した。

 今年度の訓練のコンセプトは「外国人を含む要配慮者への対応と津波対策」。乳幼児や障害者、高齢者や外国人など災害が起きた際に配慮が必要な人たちを235人(ダミー人形など含む)参加させ、防災体制の充実を図った。

 同センターで行われた「イベント会場における避難訓練」では県の総合防災訓練として初めてメガホン型の翻…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです