メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

しょうゆうどん 香川県まんのう町 打ちたて、本来の風味を

打ちたてのうどんにしょうゆをかけ薬味を盛り付けた「しょうゆうどん」。おろし金を使って大きな大根をおろす=香川県まんのう町吉野で

 讃岐うどんといえば香川県である。「ぶっかけ」や「釜揚げ」などさまざまな食べ方がある。その中でも「しょうゆうどん」はコシの強い麺の本来の風味を味わえる。ゆでたての麺をしょうゆと薬味のみのシンプルな味付けで楽しむ。その発祥の店とされるのが香川県まんのう町にある「小縣家(おがたや)」である。

 1950年ごろ、製麺所「小縣うどん」として始まった。当初、うどんを持ち帰る「玉売り」で販売していたが、58年から製麺所の一角に椅子と机を置き、だしではなく、しょうゆと大根おろしを用意するようになった。「打ちたてのうどんを食べたい」という客の希望からだったという。

 ただ、当時の讃岐うどんの食べ方は「かけ」や「釜揚げ」が主流だった。でも、しょうゆうどんは打ちたての…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1225文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです