メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

しょうゆうどん 香川県まんのう町 打ちたて、本来の風味を

打ちたてのうどんにしょうゆをかけ薬味を盛り付けた「しょうゆうどん」。おろし金を使って大きな大根をおろす=香川県まんのう町吉野で

 讃岐うどんといえば香川県である。「ぶっかけ」や「釜揚げ」などさまざまな食べ方がある。その中でも「しょうゆうどん」はコシの強い麺の本来の風味を味わえる。ゆでたての麺をしょうゆと薬味のみのシンプルな味付けで楽しむ。その発祥の店とされるのが香川県まんのう町にある「小縣家(おがたや)」である。

 1950年ごろ、製麺所「小縣うどん」として始まった。当初、うどんを持ち帰る「玉売り」で販売していたが、58年から製麺所の一角に椅子と机を置き、だしではなく、しょうゆと大根おろしを用意するようになった。「打ちたてのうどんを食べたい」という客の希望からだったという。

 ただ、当時の讃岐うどんの食べ方は「かけ」や「釜揚げ」が主流だった。でも、しょうゆうどんは打ちたての…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです