メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

しだのすみか(吉野町) 自宅を植物園として開放 「シダまみれ」魅力発信 /奈良

吉野山のシダについて説明する木下茉実さん=奈良県吉野町で、萱原健一撮影

 「一目千本」とたたえられる桜や吉野美林のスギ、ヒノキで知られる吉野山で、シダ植物をこよなく愛し、自身の住み家をシダ専門の植物園「しだのすみか」として開放している人がいる。「しだちゃん」こと木下茉実(まみ)さん(29)。吉野町の地域おこし協力隊として2月に名古屋から移住してきた。協力隊の任期は3年だが、「吉野山にずっといたい。シダにまみれる生活が楽しいから」。シダの美しさを紹介し、吉野山の新たな魅力を発信している。【萱原健一】

 「しだのすみか」は平屋の古民家。裏庭の崖にたくさんのシダが自生している。シケチシダ、トウゲシバ、ホラシノブ……。10分ほどで見て回れるが、シダ好きには時間を忘れる空間だ。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 四国銀、初陣のハナマウイから先制 山中がソロ 都市対抗野球

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです