メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放課後児童クラブ

児童福祉学ぶ学生が運営支援へ 県のマッチングサポート事業、開始 /山口

「あっと児童クラブ」で、汗だくになって子どもと遊ぶ善谷さん

 県は、保育士養成校などで児童福祉を学ぶ学生を長期休暇で負担が増える放課後児童クラブに紹介し、運営を手伝ってもらうマッチングサポート事業を今年度から始めた。スタートとなった夏休みの取り組みの評判も良く、今後も続ける予定だ。

 放課後児童クラブは通常、両親が働いている小学生らを午後から夕方にかけて預かっているが、長期休暇中は午前中も開設される。時間が長くなる上、パートタイムなどで短時間働いている家庭からも追加申し込みもあるため、児童の面倒を見る支援員や補助員は負担が大きくなる。

 そこで、県は保育士や小学校教員を目指す学生を市町に紹介して児童クラブのアルバイト補助員として雇って…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです