メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂応援隊

/17 いの町に笑顔続々と /高知

 「みんな笑顔 子ども食堂」(いの町)は、民生委員の吉良征世さんが学校に出向いた際、子どもたちの朝食に欠食が多い現状やお弁当の日に持って来られない子が多くいることを知り、「子どもたちを食で応援したい」と思ったことがきっかけで始まりました。

 月1回第4土曜日に天神集会所で、民生委員などの有志や、ボランティアの大学生の協力で運営しています。8月で2周年を迎えましたが、毎回80人近くの利用者でにぎわっています。クラブ活動や試合が終わってから食べに来てくれる中学生や、子どもを連れたお母さん、高齢者、地域の大人たちが楽しみにしており、多くの世代が集う交流の拠点となっています<下>。

 地元の多くの方から野菜や果物など寄付をもらって運営していますが、子どもたちの大好きな肉類が資金繰りの関係で手に入らないのが現状です。地域の人々がみんな笑顔で「おいしかった」「楽しかった」と足を運んでもらえるように、そして年代を超えて思いやりや社会でのルールを身に付ける場になっていってほしいとの願いを込めて、運営が行われています。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです