メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

財政検証 「現役の5割」年金綱渡り 経済次第、甘い想定

年金財政検証の結果が公表された社会保障審議会の年金部会=東京都港区で2019年8月27日、宮間俊樹撮影

 公的年金の長期的な給付水準の見通しを示す財政検証が公表された。「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」とした金融庁ワーキンググループの報告書問題の余波で注目度が高まったが、突きつけられたのは、制度変更がないまま進むと給付水準は今後30~40年近く下がり続け、最終的に現役世代の手取り収入の半分を確保できるかどうかも今後の経済状況次第、という現実だ。少子高齢化が加速する中、改革が急務となっている。【横田愛、阿部亮介、大和田香織】

 「2000万円問題」で問われたのは、老後の生活はどの程度公的年金でカバーできるのか、だった。

この記事は有料記事です。

残り2908文字(全文3173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです