メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ヘルプマークって何の印? 見えない障害や病 「配慮必要」と知らせる=回答・大沢瑞季

ヘルプマーク

 なるほドリ 電車の中で、赤地(あかじ)に白い十字とハートのデザインのストラップをかばんにつけた人を見かけたよ。

 記者 それはヘルプマークですね。外見(がいけん)からは分からない障害や病気などを持つ人、例えば、義足(ぎそく)や人工関節(かんせつ)を使っている人、知的障害や精神障害がある人、心臓のペースメーカーを胸に埋め込んでいるなど内部障害がある人、妊娠初期の人などが、助けや配慮(はいりょ)が必要なことを周囲に知らせるためのマークです。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです