メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「拝謁記」から象徴天皇制考える

1952年5月の独立回復式典で「お言葉」を述べる昭和天皇

 初代宮内庁長官が終戦後、昭和天皇とのやり取りを詳細に記したいわゆる「拝謁記」には、新憲法で天皇の政治関与が制限される中、新たな「象徴天皇」像を模索していた様子が生々しく記録されていた。政治とのあるべき関わり方を探る道は昭和から平成、令和へとどのように続いてきたのだろうか。

政治的発言、影響研究を 吉田裕・一橋大特任教授

 「象徴天皇」という概念は非常にあいまいだ。そこに権威主義的なものを付与しようとする動きと、より限定…

この記事は有料記事です。

残り3602文字(全文3812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです