メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

女性、自由の旅へ パスポート「男性後見人」撤廃 「権利擁護不十分」批判配慮

国際空港にスーツケースを持って到着したサウジ人女性=サウジアラビア東部ダンマンで2019年8月5日、ロイター

 サウジアラビア政府は今月、成人女性が国外旅行する際に義務付けてきた「男性後見人」による承認制度を撤廃した。イスラム教の戒律を厳格に解釈し、「男は女を保護するもの」との考えが根強いサウジ社会では従来、父親や夫など男性親族の許可がなければパスポート取得が認められなかった。今回の決定は実力者のムハンマド皇太子(33)が進める社会・経済改革の一環で、「女性の権利擁護が不十分」との国際的な批判にも配慮したとみられる。

 ロイター通信などによると、対象となるのは21歳以上の女性。サウジ当局は20日、後見人の許可を受けて…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです