メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

逃亡犯条例「完全撤回を」 行政長官を批判 元政府ナンバー2・陳方安生氏

インタビューに応じる陳方安生氏=香港・湾仔で2019年8月26日、福岡静哉撮影

 中国返還(1997年)の前後に香港政府ナンバー2を約7年半にわたり務めた陳方安生(英語名アンソン・チャン)氏(79)が26日、毎日新聞のインタビューに応じた。「逃亡犯条例」改正案を巡り大規模デモが続く情勢について、香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官に対し「このまま激しいデモが続けば犠牲者が出かねない。改正案を完全撤回して政治的な対話の契機を作り、事態の解決を目指すべきだ」と促した。

 林鄭氏は改正案について「死んだ」と述べるだけで完全撤回に応じず、デモ隊が要求する独立調査機関の設置…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです