メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

米トウモロコシ購入、企業困惑 「害虫対策」首相説明に疑問

飼料用トウモロコシの年間供給

 日米首脳会談で安倍晋三首相がトランプ米大統領の要請を受け、米国産の飼料用トウモロコシの購入を約束したことが議論を呼んでいる。日本の年間輸入量の4分の1にあたる約270万トンもの輸入が必要か、企業や専門家からも困惑の声が出ている。

 トウモロコシ購入を発表した25日の共同記者発表で、トランプ氏は「日本を代表して安倍首相がトウモロコシを全て購入する予定だ」と発言。安倍首相は「害虫対策の観点から我々は購入を必要としている。政府ではなく民間が購入する」と補足説明した。米国のトウモロコシ産地は来年の大統領選で重要地域とされる州を含み、再選を目指すトランプ氏を安倍首相が応援した格好だ。

 ただ、首相の説明には疑問も出ている。害虫についてはガの幼虫が葉を食べ、九州を中心とした11県に被害…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです