メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

グリム童話の邦訳出版 松岡享子さん(84) ユーモアにたくさん笑って

グリム童話の邦訳出版 松岡享子さん

 「くまのパディントン」シリーズなど、数多くの名作を翻訳してきた東京子ども図書館の名誉理事長、松岡享子さん(84)が、グリム童話のユーモアあふれる3話を収録した「ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし」(のら書店)を出版した。「本当に楽しかった」と振り返る翻訳作業や作品への思いを聞いた。【聞き手・大沢瑞季】

 作者のワンダ・ガアグは、代表作「100まんびきのねこ」で知られる絵本作家です。米国生まれですが、父親がチェコ移民で、ドイツやオーストリアからの移民が暮らす地域で育ちました。グリムの昔話を祖父母や両親から語ってもらい、豊かな子ども時代を過ごしたそうです。ただ、15歳で父親を亡くし、生活は一変。家事や弟の世話に加え、雑誌に絵を投稿して賞金を稼ぐなどして家計を助けました。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです